だいぶ時間差があるけど、いつものこいつらである。何度もやってくる。ちょっとは寂しいのかなあ。それとも、やっぱりなんにも考えてないのかなあ。