風雨がどんどん激しくなってくるし、自宅からベランダのいろんなものがいろんなことになりかけてる、とかヘルプが入ったので臨時休業を決意。で、クルマで家に向かったはいいが、海に近づくにつれて風がハンパなく強くなってきて、134なんかクルマがグワングワン。信号で停まってると、まるで遊園地のライドものに乗ってるように上下左右に揺すられる。こりゃクルマ降りたら、たぶん二度とクルマに戻れないだろうなー。ていうかその前に、ドアがひっちゃげるかもなー。
そして自宅ベランダは……、うーん、なんなんだ、この世界は。まったくもって、かつて体験したことのない強風。2007年9月の台風もかなりだったけど、こんどのは風のスケールが違う。ベランダは強化ガラスで覆われているからかなりの風を防いでいるはずなのに、姿勢を低くしたくらいでは下から持っていかれる風の強さ。ほとんど匍匐前進でベランダの危険な状態をひとつ、またひとつと処理していく。気分は爆発物処理班。ていうか、ちょっとナメてたなあ。こんなになるなら、もっと前もっていろいろ手を打っておけばよかった。砕け散った置物、割れて池に飛び込んだ植木鉢。いまにも舞い上がりそうな、かなり重いはずのチェアとテーブル。稚魚30匹くらい泳いでたプラの水槽は、稚魚ごと木っ端微塵。3段階目の稚魚が泳いでたガラス水槽にはイスが突き刺さり、こっちは稚魚こそ大半を救えたものの、水槽はもちろんパーだ。あと、なんか飛んできたものが後からふくらはぎにヒットして、10cmくらい切れてちょっと流血。葉っぱかなんかだと思うけど、こういう速度で当たると葉っぱも凶器だなー。大自然ってコワイなあ。
って、言うまでもなくこんなもの、被害のうちに入らない。本気で被災したみなさんの安寧と一刻も早い復旧を祈る。