壊れたモノ その3 バイク


先日、マグロ喰いに三崎行ったとき、トンネルでやたら前が暗いことに気付いた。サングラスのせいかな、とか1本目のトンネルでは思ったんだけど、2本目のトンネルで前に手を出して確認したら、やっぱりヘッドライトが点いてなかった。やれやれ、球切れかあ。もちろんこんなサイズのシールドビームなんか、どこらじゃ売ってないだろう。ていうか、シールドビームってナニ? とか聞かれそうだ。
で、帰りにここんち寄って球替えようとしたら、なんと球は切れてなかった。あまり使わないライトのハイロースイッチが、いつの間にか支点が外れて内側へ落ち込んでるし、たぶんここで断線してるんだな、ってことでスイッチ発注して、夜は乗らず、で、やっとスイッチが入ったちゅーので来たんである。
が、開けてみたら問題はスイッチじゃなくて、ライトのハウジング内のカプラーだったというオチ。ちゃんちゃん。そこは構造的に問題があるん場所なんで半田付けしてもらい、ハイロースイッチも支点ちゃんとはめ込んでもらって、今日の用事は終了、である。しかしハンドルって、なんにも付いてないとシンプルでカッコいいなあ。フットクラッチだとこんなこともできるんだなあ。

Author: shun

2 thoughts on “壊れたモノ その3 バイク

  1. ハーレーはフェニックスのLEDランプがあるから良いですねえ。
    あ、フェニックスってアリゾナ州じゃなくて 播州 つーか姫路のフェニックス電機ですけど。
    いろいろ大変な会社ですが しっかりしてほしい会社ではあります。

  2. 婆裟羅大将さん:
    LED使ってるハーレーに縁がありません。(^^; ランプなんて汎用品なんだから、どんなバイクにでも使えそうですが。
    フェニックスのWeb見たら、LEDライト施工例にハーレーのディーラーがありましたが、あれってたぶん中島の梅田モータースですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。