今日のサザンビーチ と、ナニを言ってるんだエネ戦略


今日朝9時の線量は0.042μSv/h。そしてこの24時間は、42〜43で推移していたようだ。昨日、あれからようやく「革新的エネルギー・環境戦略」が決定されたわけだが、いったいナニを言ってるんだ。いや、内容がどうこうではなくて、ワシの読解力では、あれはナニを言ってるのかさっぱりわからんのだが。記事の見出しには”「30年代原発ゼロ」決定”なんて書いてあるが、ちゃんと読めば”原発稼働ゼロが可能となるよう、あらゆる政策資源を投入する”と書いてある。要は、目標である。ただの希望である。そうなったらいいなあ、である。少なくとも、決意、には読めない。一方で、懸案中の懸案である燃料の再処理事業は継続である。ゼロにするはずの原発の新燃料(高速増殖炉は頓挫して使えるめども立ってないし、MOX作ったってプルトニウムは大余りするし)は作り続ける、という話だ。さらに、40年運転制限だとか新規原発はナシ、と書いてあるようだが、地震とフクイチ事件で止まってた大間に建設中の原発は、工事再開許可出すんだそうな。いまから作ったんでは使えるのは20年。40年よりずっと短い期間で廃炉になる計算だが、事業者がそんなことを納得するとは思えない。なんだか、むちゃくちゃである。ナニをどう読めばいいんだろう。

Author: shun

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。