今日のサザンビーチ と今日の放射線量


今日朝9時の線量は0.043μSv/h。そしてこの24時間は、42〜43で推移していたようだ。政府はこの冬、北海道に節電の数値目標を提示した。その一方で北陸電力は原発運転再開なくてもこの冬は電力供給できると政府に報告したそうな。まあ、今夏の関電見てもわかるように、ていうかそんなもん見なくてもはじめっからわかってたように、原発なくても電力は足りてるんである。原発を動かしたい連中が求めているのは、原発による電気ではなくて、コストである。それも原発の方がコストが安いという話ではなくて、いまある原発と核燃料を氷漬けにして、休めておけたはずの火発に燃料コストぶっ込んで、電力供給している現状の高コストがガマンできないんである。もちろん他の事情も山のようにあるけど、明白なのは、原発止めてると電気が足りなくなるというのはウソンコだってことだ。
しかし思うんだけど、この原発止まってる状況って、まともな原発関係者なら、どこかでほっとしてる部分もあるんじゃないのか。だって、使用済み核燃料は増え続け、もはや保管場所は枯渇しつつある。再処理でも地層処理でも、あるいはそれらの複合策でもいいが、それがビュンビュン回ったとしても、増えていく使用済み燃料の処理は追いつかなかったはずなのだ。そしてご存知のように、それら処理問題は、現状は白紙状態も同じ。「革新的エネルギー・環境戦略」だって、再処理中止を決定したら預かってる燃料を送り返すと青森に恫喝されて、そんなことされたら多くの原発が再稼働もへったくれもなくなるので、原発はゼロ目指すけど再処理はするかもね、みたいな矛盾した話になっちゃったんだし。ま、どうせ閣議決定さえできなかったわけだが。
企業は利潤追求が第一である。電力会社が原発に固執するのは、電力会社にとって原発のコストが安いからで、原子力で発電するコストそのものが安いわけではない。再処理でも地層処理でもいいけど、数十万年単位での廃棄物管理をきっちりコスト化して、それを発電原価に算入したら、たぶん電力会社、こんなコストの合わない発電はやってられまへんな、となりそうに思うんだけどな。

Author: shun

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。