今日も、ナントカのひとつ覚えである。だっておいしいんだもーん。