音楽アワーは、音楽好きが集まるバーのカウンターでの、たわいもない会話をイメージしているので、ここんとこカウンターの雰囲気を出したくて試行錯誤してたんである。ずっと使ってた高性能で高価なWebカメラに広角レンズ噛ませたり、魚眼つけてみたりしたけど、まあ、キモチはわかるけど実際の絵はドアスコープをのぞいてるような感じ。うーん、もっとワイドにキレイに写るカメラはないもんか。

と、探したら2種類見つけた。ひとつは、なんと画角180度。しかも、いわゆる魚眼レンズではなくて2個のレンズを使い、その画像を合成してチョーワイドにしちゃうというもの。うひゃー、こりゃぜひ使ってみたい……とは思ったものの、さすがにそこまでのワイドはいらないし、amazonでも5千円近い価格だ。一方、今回ポチッた新兵器は、画角120度のガラスレンズで、価格が2880円。てなわけで、とりあえずポチってみたのだ。まあ、参考価格の7,236円で買ってたら画質に怒るかもだけど、3千円切って買ってりゃ文句はない。ちと特殊な用途にしか使えないと思うけど、いちおーアフィッとくぜ。( ̄ー ̄)