多くの神輿は禊ぎを済ませたあと、トラックに乗せられ、担ぎ手はバスに乗って神社へ帰っていくわけだが、徒歩圏の神社は担いで帰って行く。これは茅ヶ崎某店近所の御神輿が、134号線を越えたところだ。