今日朝9時の線量は0.039μSv/h。そしてこの24時間は38〜39で推移していたようだ。
福井新聞の”もんじゅ”に関する記事の量はすごい。瀬戸際もんじゅ、なんて連載が載るのは、さすが地元だ。動燃、サイクル機構、原子力機構を指弾しながらも、記事の基底には、なくなったら大変だ、という意識が流れているのを感じる。原発が「産業」となっている地方の空気は、やはり遠く離れた場所から眺めているエリアの意識と、大きな乖離があるんだなあ。当たり前のことだが。