そんな水分含んだ空気に、弱いとはいえ夕陽が当たるんだから、反対側には虹もでるのだ。