上が今日、下が昨年12月である。こっち側からは見えないものもある。背景にも注目!?

ちなみに正解は、見える部分で4カ所だ。ひとつは、何度も書いているように(この写真じゃ見えないが)キャブレターを付け替えたことによってエアクリが変わった。ヤフオクでゲットしたS&Sのキャブは、定番のS&Sエアクリがセットだった。で、見ればわかるようにこれは意外とでかくてショベルならではのかっちょいいエンジンを隠しちゃうので、こんなもんサックリ売り飛ばして前から使ってるサビサビのちっこいのにしようと思ってたんだけど、S元さんが、いや、性能的にはこのエアクリが絶対いいっちゅーのよ。まあ、せっかくキャブ変えて、エアクリがその性能をスポイルしたんじゃ本末転倒なので、今回はコレでいくことにしたのだった。飽きたら替えてもいいし、そのうちファンネルにしちゃう手も。
次の3カ所は、いわば複合技である。カスタム、っちゅーほどのこっちゃないな、小変更としてやってもらったのは、リアサス上部後の、ノーマルならストラットを取り付けてたフレームの一部に取り付けられてたリアのウインカーを、スイングアームの後端に移設したことだけである。もちろん最大の目的は被視認性の向上で、斜め後方からでも車体反対側のウインカーが見えるようにしたい(見えないのがどうかしている(笑)わけだが)という安全上の理由だけど、結果的にこれまではリアのウインカーが見えなくなるからと使えなかった空間に、バッグを付けられるようになった。その結果、後ろの配水管に引っかけられて放置されてたバッグが壁から消え(3)てバイク横に復活し、サドルの後ろに縛り付けてたグリーンの不似合いなポーチが消えて向こうのバッグの黒いのが見えてる(4)のだった。というわけで、4カ所(笑)。