釣り人はいないけれども、鳥がたくさん休んでいる烏帽子岩なのだ。