エサクレ攻撃である。攻撃というより、ほとんど恫喝されているようだ。