まず自宅で上げてみて、結局はサス抜いてタイヤ落とさないとフェンダーのストラット止めてるボルトを突っ込むスキマができないとわかったので、ジャッキ積んでロコモーションに来たんだけど、結局店の前で、自分のジャッキでバイク上げて自ら作業することに。(^^;;

だったら自分ちでやりゃよかったんじゃん、と、いうことはなくて、やっぱ作業中にわからないことが出れば、リアディスクに噛み込んじゃったキャリパーと格闘しているS元さんに、ただちに方法を聞けるとか、いろいろなお客さまと世間話をしたり、珍しいバイクを見られたりするとか、いろいろ便利で楽しいこともあるのだ。