BAD(-ω-;)GOODSINSTRUMENTSINTEREST

ギターの部品、到着

エレキギターじゃないのに、こんな部品なのである。こんな部品を使うギターが欲しかったわけじゃなくて、弾いて、気に入っちゃって、買ったらこんな部品を使うギターだった、ということなのだ。弦の交換ではじめて、やっとこその意味を理解したという、超絶にオバカなワシなのだ。しかも、弾いてるうちに音が曇るつーかこもる感じになったりして、このチューン・オー・マチックだとかABR-1とか呼ばれるブリッジ部品にガタがあるせいだというのは買ったショップで聞いたんだけど、それをキッチリスッキリさせる情報が、ネットには皆無。エレキ用にも何種類もあって、わけがわからない。もしかしたらガタがあるのはブリッジ本体で、コマだけ替えてもダメなのかもしれない。だったらブリッジごと交換しちゃえばいいようなもんだけど、元々レスポール用の部品を無理くりアコギにくっつけたギターだから、アコギのブリッジに埋め込めるようにABR-1本体の裏側は豪快に削ってあって、つまりアッセンブリーで替えるにしてもかなり大がかりな金属加工が必要なのだ。もちろんそんなことも、買ってから全部知ったんだけど、まあ、しょうがない。とりあえず比較的安いコイツから交換してみるか、思って、合うか合わないかさえわからないままにamazonでポチッたのが届いたところ。さーて、どうなることやら。

ギターの部品、到着” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です