ここでまた、しばらくおねんねするに違いない。