バイカーの、てか、バイカーて言葉がハーレー系を指すのなら、ライダーつーべきか、まあ、そんなバイク乗りの聖地、つーか、みんなが集まる場所らしいんだけど、ワシ、実はココ、来たことがなかったのだ。
もしかしたら、嫌われてたのかなあ。というのは、圏央道で向かったんだけど、ガスの残量を確認してスタートしたにもかかわらず、トンネルの中で失速。ガス欠症状なのでコックを予備タンに切り替えても、エンジンに火は戻らない。ミラーには、大型車。
高速道路なのに、このトンネル、路肩にまったく余裕ナシ。作業がナニもできないどころか、そこに止めてるだけで、そのうち絶対トラックに突っ込まれる。ショベルよ、がんばってくれー! と、祈りながら、見えてきたトンネル出口へ惰性でスルスルと進む。もちろんウインカーは両方点滅のハザード状態。ハーレーでよかった。

って、テーマにぜんぜん関係ない話だな。つまりまあ、そのくらい縁のなかった場所、てか、比較的近くに、来たことある場所もあるから、正確には宮ヶ瀬っつーモンがわかってなかったってことなんだろう。とにかく今日は、そこを目指して、恐い思いしたり、そのあとは徹底的に道に迷ったりしながら、やっとこ宮ヶ瀬に来たよ、という話だ。正直、次にここに来られる自信はない。(^^;

目的地は、コレである。横に広がる商店街の前に鎮座するステージだ。

そして、その商店街は、なんだろう、オサレだったりレトロだったり、魔窟だったりの、不思議な空間。

とりあえずカレー喰ったあとに見つけたタコ焼きを、思わず食ってみちゃったわけだが、あー、こりゃ意外と(なんて言ったら失礼なんだが)ウマイやん。関西の、そこらの店でこれが出てきても、違和感のないレベルだ。