こんとん館/ナターシャナイト

040709_01s.jpg 040709_02s.jpg
第二金曜日は、恒例のナターシャナイト。前回に参加し、別れの恋唄その1を唄った、としこさん要員のJたんは、なんと無断欠勤(爆)。しかし、カントリー畑からやってきたコイケさんが、なんと別れの恋唄その2を隠し球として披露したので、帳尻は合ってたような気もする。
また、謎ベーさん同僚の、某部長に昇進氏が、なんと奥様同伴で登場。しかも、ナターシャ・セブンを縁に知り合うという不幸な出逢い(爆)をし、今年、一緒に“宵宵山”へも出かけるというこの奥様が、やたら唄も上手。というか、とてもトーシロとは思えない。というわけで、常連が増えたどころか、いきなり実力派の夫婦ユニットが誕生してしまったのだった。
なお、我々のバンドは2004年バージョンのユニフォームで初見参。視聴者参加コーナーでは、トリにママさんまでマイクを握るという、ホンマに全員参加かいな状態になって、なんと50分以上という長丁場をこなすことになった。さらに、別名「女工哀史」と呼ばれる新ユニフォームの制作者がはるばる名古屋から登場し、フラまで披露。もちろん、“三歩進んで二歩下がる”ブリハッチーも、英語曲を3曲もやらかすなど、相変わらずなんでもありの夜は更けていったのである。

Author: shun

5 thoughts on “こんとん館/ナターシャナイト

  1. > 別名「女工哀史」と呼ばれる新ユニフォームの制作者
    「女工哀史」は日記のタイトルで、呼称としては「女工」が正しいのではないかと〜(笑)
    更に新ユニフォームの制作者って、今年しか働いてないみたいに聞こえるぢゃないですか〜。
    記事訂正お願いいたします(笑)
    投稿者 ちあぞー : 2004年07月13日 15:55

  2. お、女工さんからクレームが。(^^;;
    > 今年しか働いてないみたいに聞こえるぢゃないですか〜
    なるほど。それは失礼致しました。では、ここに訂正して謝罪させていただくものです。
    当該日時日記本文中の“別名「女工哀史」と呼ばれる新ユニフォームの制作者”という記述は、正しくは
    2003年版のブリハチ制服をお作り頂き、2004年夏版のブリハチ制服もお作り頂き、さらに2004〜5年秋冬版、2005年春夏版、2005〜6年秋冬版、さらに2006年春夏版と、ブリハチある限り各種ブリハチ制服及び付随するグッズ類を、いつも暖かいボランティア活動として製作していただくことに決定している、女工ちあぞー様
    の誤りでした。ここに謹んで訂正し、お詫びさせて頂きます。m(_ _)m
    投稿者 shun : 2004年07月15日 10:07

  3. スゲー、あのユニホームは、壮大な計画のはじめの一歩、いや、二歩だったのか(笑)。
    今後ともお世話になります。
    投稿者 バンマス : 2004年07月16日 09:33

  4. そうです。くどいようですが、訂正後の当該部分を再掲載すると、

    なお、我々のバンドは2004年バージョンのユニフォームで初見参。視聴者参加コーナーでは、トリにママさんまでマイクを握るという、ホンマに全員参加かいな状態になって、なんと50分以上という長丁場をこなすことになった。さらに、2003年版のブリハチ制服をお作り頂き、2004年夏版のブリハチ制服もお作り頂き、さらに2004〜5年秋冬版、2005年春夏版、2005〜6年秋冬版、さらに2006年春夏版と、ブリハチある限り各種ブリハチ制服及び付随するグッズ類を、いつも暖かいボランティア活動として製作していただくことに決定している、女工ちあぞー様がはるばる名古屋から登場し、フラまで披露。もちろん、“三歩進んで二歩下がる”ブリハッチーも、英語曲を3曲もやらかすなど、相変わらずなんでもありの夜は更けていったのである。

    となるわけであります。
    投稿者 shun : 2004年07月16日 13:47

  5. Σ(- -ノ)ノ ヒィ
    知らないうちに話がエライことに・・・
    第一秋冬物って「下にTシャツ着る」ということで解決したんぢゃありませんでしたっけ。そもそもTシャツどころか自前の肉襦袢という方も・・・と毒吐いてみたり(-m-)ぷぷっ
    投稿者 ちあぞー : 2004年07月16日 16:04

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。