040829_00.jpg 040829_02.jpg
雨は夜更け過ぎに、雪には変わらなかったけれど、めっちゃ雨足が強くなってしまった。そして雪こそ降らなかったけれど、しかしなんなんだこの寒さは。いま何月なんだ。息が白いぞ。手がかじかむぞ。
雨は朝になっても弱まらず、とうとうこの日のスケジュールはキャンセルになってしまった。日曜のみに出番を予定していた、『サンセット娘。 & シスター・ボーイズ』と、『ブリハチ村とたまごの木』は、残念ながら練習だけで姿を消すことになった。もっとも、きっとその練習成果は、どこかのフェスやライブなどで現れることとなろう。いや、いつかは血となり肉となり、というような意味ではない。このメンバーで、その構成で、どっかでやらかすことになるんじゃないのかな、ということである。さて、その場所は滋賀フェスだろうか。あるいは、こんとん館?(爆)
テントやタープが撤収され、一組、また一組と、夕日の滝から人が去っていく。ああ、終わっちゃったんだなあ。と、そこに主催者N西さんから声がかかる。
「そろそろPA降ろしますから、ヨロシクー」
なんつってもわたしは、この世界が2年目のチョー新参者である。こういうふうに、スタッフから声をかけてもらえると、なんていうのかな、仲間に入れてもらえたような気持ちになって、とてもうれしいのだった。まあ、仮に声がかからなかったとしても、祭の後がキライで、終わるならみんなで一緒に終わりを楽しみたいタイプのわたしは、その結果、イベントの撤収作業まで残っていることになり、自動的に撤収作業を手伝うことになるのかもしれないけれど。
そんなわけで、この世界のみなさん、ひとつヨロシクお願いします。(^^;;;
箱根は強羅に近い宮城野温泉にある温泉施設“勘太郎の湯”経由で帰宅。林道一本、金時山を越えると、箱根の温泉街に出るなんて知らなかった。ホントに“箱根”のフェスだったんだなあ。駐車場も、なんか観光地の気分に溢れているような気がしてくる。(^^;; なお右後方はS部親方の愛車である。