040923_03.jpg 040923_04.jpg
京都市内を走っていると、信号機の上の文字表示が目に付く。確かに赤信号の間は、みんな信号機をにらんでいるわけだから、情報表示場所としての目の付け所は悪くないかもしれない。少なくとも、別の場所の表示を見ていて、信号が変わったのを見落とすことも減るだろう。
“四条通は四条河原町を先頭に”
プチッ
タラタラッと流れていた文字が、突如途切れる。まもなく信号が変わるのだ。おーい、その情報、1mmでも価値があるのか? 場所やアイディアはいいとして、ちゃんと情報が伝わる方法も考えてくれよ。
京都駅のビルでメシ喰ってたら激しい雷雨となったが、幸い新幹線には影響が出なかったようで、無事、茅ヶ崎へ帰ることができた。JR、えらい。