041211_01.jpg
文具好きにとっては、ディズニーランドより楽しい場所。サイフの中身が薄いときには、悲しいけれど、しかしうまくすれば勤労のモチベーションを高められる場所。それが銀座伊東屋である。ご覧のように、猫まで興味津々で寄ってくるのだった。
実は昨日の買い物である。さすが歳末。しかも公務員と多くの会社では、ボーナスなんちゅー濡れ手に粟の“不労所得(生まれてこのかたそういうもんをもらったことがないので、ちょっとイヂけてそういう言い方しとるわけです。(^^; さらに、一所懸命に勤労して文章書いて本にしてるのに、なんで印税が“不労所得”に分類されてんだよι(`Д´)ノ と、思わず脱線転覆(^^;;)”がもらえたとかで、銀座通りを歩く人々も、いつもの顔と違う。伊東屋の中も、まるでどこぞのバーゲン会場なみの混雑だった。(-_-;;
中身は、そのうちどこかで。(^^;;