懐かしい喫茶店

050324_03.jpg
遠い昔に住んでいたマンションの、隣にある喫茶店。よく、窓際に座ってコーヒーとサンドイッチを頼み、通りを行くクルマや人を眺めていた。
ここのサンドイッチは、何の特色もないけれど、昔ながらの、いわゆるサンドイッチだった。たとえばタマゴサンドの身は、そんなの当たり前っちゃー当たり前なんだけど、ちゃんと自分とこで茹でたタマゴをつぶし、マヨネなどと和えて作って、それがたっぷりとした厚さで、パンの端っこまで詰まっていた。
片隅に座ってもボブ・ディランは聴こえてこなかったし、マスターに個性があったわけでもないし、学生街でもないし、一緒に行った女の感傷があるわけでもないけれど、コーヒーもサンドイッチも、真面目に、一所懸命に、コーヒーとサンドイッチだった。
時は流れた。10数年ぶりかなあ。店の名前は変わっていたけど、確かにあの頃と同じ、タマゴの味がしたような気がする。あのころ見ていた夢、あのころ感じていた不安は、どこへいったんだろう。

Author: shun

5 thoughts on “懐かしい喫茶店

  1. ♪想い出はいつも、消えて行く〜 ひとつひとつ〜
     それでも〜虹を追いかけよう〜〜
      もう、そんなには遠くはないさ〜♪
    shunさんには歌がある!(~_~)V

  2. おお、鈴さん、次回は8日でっせ。って、そんなもんおわかりですよね。(^^;;
    とりあえず、ぜひ、バンドとは別口で(笑)なんかやりましょー。

  3. 9日に兄弟バンドの「東京エロティカ」という素敵な名前のバンドライブがあり、
    久楽粋の2人が兼任しているので、バンドでは行けないんです。
    私一人じゃ、恥ずかしいな!(人見知りするんだもん!笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。