050606_01.jpg 050606_02.jpg
相模線に揺られてゴッデスへ行ったのはユーミン。ゴッデスの裏から相模線に揺られて、ワタシはクルマの修理工場へ行くのだった。
それにしても、単線ならではの、のどかな鉄路。一昨日乗った山陰線も、そして先日大きな事故があった福知山線も、ついこのあいだまで、こんな線路だった。もっとも、わたしが覚えている頃の両線では、こういう進行方向を見たことがない。蒸機だったにしろDLに替わってからにしろ、先頭は機関車だったから。そのかわり、客車の最後尾からは、足をプラプラさせながら、過ぎ去っていく景色を存分に眺めたりできた。ああいう速度で走る路線は、もはや都心へは接続できないんだろうなあ。