二俣川でカレー

060125_01.jpg 060125_02.jpg
はじめて行ったぞ二俣川。って、もちろんカレー喰いに行ったわけでわない。免許の更新、茅ヶ崎でやったんだけど講習受け損なって、なんとそんだけのために行く羽目になったのだった。ま、いっぺん行ってみたかったんでいいんだけど、免許の更新というシステム、やっぱなにからなにまでオカシイことだらけ。(-ω-;) ちなみに東京だと鮫洲、府中に江東と3箇所もある試験場だけど、なぜか神奈川はこんなに広いのに二俣川だけ。しかも、そのわりにとても小さい。こりゃピーク時にはすんげー混みそうね。
しかし、あの映画はなんなんだ。主演:国広富之、弟役に見栄春。平凡な一家の妻(沖直未)が交通事故によって奪われ、平和だった家族の暮らしが激変していく。頑張る父親、健気な長女、長男の葛藤。目頭を押さえる前の席のおばちゃん……。
いや、交通事故は悲惨だ、ということを伝える意味では、そういうアピールもアリはアリだろうけど、しかし映画よりずっと高い更新費用払って、はるばる二俣川まで赴いて貴重な時間費やして、家族ドラマ見せてもらってどーするんだっちゅーか。(-ω-;)

Author: shun

5 thoughts on “二俣川でカレー

  1. 免許更新時に講習など受けたことがなく、いつも最寄の警察でさくっと済ませてますが、何か?

  2. 私もスピード違反で。。そのときは事故現場オンパレードの映画でビビリンコ(´д`) ためになりました〜

  3. なにをゆーてますのや。待合室に流れてるビデオ、あれが、実はケーサツはちゃんと講習を実施し、優良運転手に免許更新時の講習をしたことになってますのや。キッチリ、700円も講習料金も取られてますのやで。
    しかも優良運転者講習の場合、700円も払って、ナニもないと思ってしまえちゃうってことは、700円モロに無駄金ですわ。その証拠に、運転見てても講習が1mmも活きてない(爆)。
    ところが違反者講習ともなると、ステキなドラマとか、あるいは戦慄のサスペンスまで見せてくれて2時間キッチリ警察の資材や人件費を費やさせて、それでたったの1700円でっせ。どっちがオトクか、考えるまでもないっちゅーヤツでんな。( ̄ー ̄)
    てゆかワシの場合、こないだまで免許が「誕生日まで有効」だったとき、免許更新1日遅れて失効し、免許はもちろん復活できるんだけどゴールドが消えてしまうという、システムの不備によって、こんなことになっただけの話ですねん。免停とか行政処分は執行しようが引き継ぐくせに、この片手落ちのシステム、おかしいんちゃうんか!ι(`ロ´)ノ
    とゆーわけで、コイケさんは大損してるわけです。逆にどんべえさんは、チョーラッキー。しかも、コワイ映画見てビビって安全運転になり、事故を防げれば、こんなに安い1700円はおまへんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。