魔のトライアングル

060314_01.jpgこのバイクは、見事なまでにモノを積む場所がない。で、シート後部の横にカバンでもぶら下げるわけだけど、そのすぐ横ではホイールがびゅんびゅん回ってるわけで、んなもんとカバンが擦れあったらカバンに穴が空くか、タイヤが傷むか、最悪ホイールロックして転倒、なんてことまではならないだろうけど、まあ避けた方が無難。というわけで、こんな三角形の部品を買ってきた。買ってきたのはいいんだけど、こんな針金曲げてL字型プレートに止め、小さな樹脂プレートとヘックスボルト付けただけの商品が6825円税込みって、どういうこっちゃねん。(#`皿´) なんか、世の中のいろんなことについて、熱く語りはじめそうになってしまうわ。さすがに高価な針金細工(爆)だけに、立派なショッピングバッグに入れてくれたけど、そういう荷物詰めないからこういう部品買いにきとるわけで、そんなもん渡されても持って帰れない。で、もちろん現場で取り付け。
とりあえずデーラーの女性に付属のヘックスネジのアタマを見せて、回せるレンチを借りたが、回してみるとフェンダー裏のナットが供回りして緩まない。そこでフェンダー裏に指突っ込んで、こんなもんかなとナット径を探り、デーラーの女性に「13mmのスパナを……」とゆったところで気が付いた。あー、そうだ、こいつ、インチなんだったな。うーん、インチだとどんなもんだろう。ていうか、どういう単位でスパナがあるんだろう。とりあえず1/2インチ借りたら小さくて、もうひとつ大きいのをつって渡されたのが、9/16。なんで16で割るんだよ。9/16ってことは1/2よりも1/16だけ大きいわけで、えーっと1inchは25.4mmだから……。もうどのくらいの大きさのナットなのか、サッパリわかりません。(-ω-;)

Author: shun

5 thoughts on “魔のトライアングル

  1. 荷物載せるにゃ、やっぱサイドカーでしょう。
    サイドカーが一番似合うバイクですから。

  2. まっしーさん:
    あ、いや、そういうヤツ(ツアラー系といいます)もラインアップにはありますが、これはもーっともっと安モンの、カーなんかでんでん似合わないタイプですねん。

  3. インチだけだから まだましです
    ビュエルは 猿人 インチ
    車体 mmmと 波状攻撃・・・泣きそうになります

  4. アメリカ人って暗算にがてと聞いていたんですが
    違う分母の分数の大小を即座に把握するのはスゴイですよね
    ギター作りでも1/8・3/32とか出てきますが、計算しないと分かりまへん

  5. tamaさん:
    ビュエルぢゃなくても、ちゃんとmm工具も使うようです。もしかしたらバッテリーの端子だけだったりしてなあ(笑)。
    F田さん:
    inchの下の単位作った方がよさそうに思うんですが(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。