060315_01.jpg 060315_02.jpg
060315_03.jpg 060315_04.jpg
まあ、この手の乗り物はいまのわたしにとって、なにもかもリハビリなんではあるが、一番リハビリが必要なのは、もしかしたら部品とか用品に関する金銭感覚かもしれない。このアルマイトのレバーが、14700円税込み、である。(@o@;;; アルマイトの鍋なら、1万円ありゃ大中小のセットをご近所のみなさんに配っても、まだ余ってるに違いない。
買ったときからクロームのかっちょいいレバーが付いてたのに、なんでまたそんなもんを。リハビリが必要なくらい、なにもかも忘れ去っているくせに、つまらないクセだけは残っちゃっていて、たとえば前方の信号が赤だとわかってるようなときの初期制動や、スロットルとフロントブレーキを同時かつ別個に動かすなんてとき、無意識のうちに指2本でブレーキレバーを引いちゃっているのよねー。ところがノーマルのレバーだと制動かかりはじめるまでの角度が大きくてスロットルに残している指を挟んでしまうわけだ。そうすると指は痛いはブレーキは効かないは指固定されてスロットルも回せないはで、とってもコワイ思いをすることになる。しかもショップでは、効き始めの位置は調整不可だと言う。
ブレーキは教習所式に4本指で握りましょうとか、このバイクはこうなんだからそれに適した操作を覚えりゃいいとか、そういう意見もあるかもしれないが、そこは5MK9である。6AR5である。そんな一生何の役にも立たない管の名前を忘れられないように、この指がそんなレバー扱いを忘れてくれないのだ。ていうか、4本指でブレーキ握って、同時にアクセルコントロールできるか? あれれ、そんなことするヤツ、わたしだけ? (^^;;
で、デーラーで聞いたら位置を調整できるレバー売ってるちゅーので横浜の用品店で買い求めたのがこのレバーなのだ。しかーし、付ける前によーく商品見て考えればわかったことかもしれないが、このレバー、確かにレバー位置をアジャスターで調整できるんだけど、変わるのはあくまでもレバー引く前のレバー位置であって、レバーを引き始めてからブレーキが効くまでの角度は一緒なのだった。ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!  まあ、確かに指を挟まないようにはできるけど、指がかりがえらい遠くになってしまった。
下は、純正部品だかどうだかは知らないが、もともと付いてたクロームのレバー。マスターシリンダーのピストン押す位置(矢印)に1mmほどのシムを挟んで固定できれば、それで充分だったはずなんだがなあ。(-ω-;)