070319_02.jpg 070319_01.jpg
バスに乗ったら料金箱に、ICカードのリーダが輝いていた。18日、パスネットにバスも加わってバスも、ならぬパスモになった。そして同日、SUICAとも相互利用が可能になったのだった。2004年にパスネットとJR東の共同出資で相互利用の会社ができてから実際の導入まで、思いのほか長くかかったなあ。
新橋から六本木4丁目まで、かなりの乗客がバスを利用していたが、もっとも多いのはプリペイドのバス共通カード。現金と定期券が続き、さらに福祉パスの利用者があって、タッチ&ゴーはわずかに3人だった。ワタシも、もちろんバス共通カードである。だってコイツは、5000円のを買うと額面は5850円。なんと17%、850円もオトクなのである。( ̄ー ̄) 逆に、これがJRや私鉄で使えたらいいのになあ。(^^;