たまには柔らかいモンも喰わせろ、という強い要求に負けて、カンも開けてやるのである。