工場の人に送ってもらった先が寒川。ということは、昼飯は水龍以外には考えられないのだった。