いや、なにもこの柿の葉寿司に罪はないんである。問題は京都駅の駅弁売り場に、もはやこれしか残ってなかったことなんである。鯛と鮭と鯖が計15個。醤油の小袋がふたつ、お箸も二膳入っているような、まあ、何人かでつつくような弁当だけど、これしかなかったんである。もちろん完食したけど、半分くらい喰ったところで飽きた。(ToT うーん、改札入る前になんか買っとくべきだったなあ。