今日のサザンビーチ と朝日の連載がおもしろい


というわけでwebが更新されたので、まず昨日。朝9時の線量は47nGy/h。3日17時だけ45で10時〜22時が46、そして23時以降は47nGy/hだったようだ。そして今日朝9時の線量はやっぱり47nGy/h。4日10時以降深夜1時までずっと46で、2時からずっと47、朝7時だけ48という、まあ、ほとんど数字は横ばいの数日なのだった。
11月にも書いたけど、朝日新聞の連載『プロメテウスの罠』てのが、おもしろい。単行本化を強く意識しているせいか、ちょっとドラマ仕立てに過ぎるのが鼻につくけど、内容はかなりいいんではないか。たとえばいま、全電源停止から水素爆発に至る原発に対応する官邸の状況が描写されているんだけど、印象に残るのは首相、菅直人の実にまっとうな対応だ。キレ菅だとかダメ菅だとかボロクソ言われて、ヘリで現場行ったのが悪いとか、海水注入を止めろと言ったとか、対応のまずさを全部首相のせいだったみたいに言われて、与野党、大マスコミ、財界スクラム組んで降ろしにかかってやめさせられた菅直人。あのときはかなり異常な雰囲気だったけど、なるほど、思えばあのとき菅直人は、再稼働に走る原発ムラに対し、ストレステストを持ち出してストップかけたり、脱原発を強く言い始めた時期だったなあ。首相が脱原発を言ったら、海江田はじめ民主党の連中は「政府/与党としての見解ではない」とか後ろから撃ち、大マスコミも「そういう議論は次期政権で」とか撃ちまくって、とにかく菅を降ろそうとしてたんだったなあ。つまり、首相にまっとうな対応されたら困る連中がいたのだ。

Author: shun

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。