ブリッジの危機


わたしがいちばん気に入っているギターは、実はマーチンでもギブソンでもなくて、このF田ギターである。トップは割れ、おなかも出て、ブリッジなんかこんな状態になっちゃってるんだけど、音にはなんの問題もないんだよなー。不思議だなあ。ギターのスペックって、いったいなんなんだろう。アディロンだのハカランダだの、そんなのいったいなんの意味があるんだろう、というこの事実。それともワシの耳がオカシイのかな。これをバッチリ直すと、どっひゃーとぶっ飛ぶほど激的に音がよくなったりするのだろうか。だとすると、これ以上にいい音になっちゃうんだろうか。( ゚∀゚)

Author: shun

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。