19日の戦利品である。点滅球だとかE26ソケットの数ワットなんて暗いヤツとか電飾用だとかローソク球だとか、茅ヶ崎某店の照明に欠かせないこういうミョーな電球は秋葉原へ買いに行くしかないんである。フィラメントが光る電球の照明は、これでないと出せない雰囲気があって、LEDなんかじゃ到底代替できないのだ。なのに経産省や環境省がメーカーに製作の自粛を要請したり、東芝や三菱、NECやパナソニックが生産を終了。オーストラリアやフランスじゃ、白熱電球の製造が法律で禁止されるんだとか。ま、エコカー売りたくてあの手この手の自動車業界と同じく、メーカーは単価の高いLED電球を売りたいだけなんだろうけど、これって大げさに言うなら文化の破壊だぜ。