050612_01.jpg
お好み焼そばと言っても、こないだ大阪で食べた「お好み焼そばロール」っつーパンのように、お好み焼きまで入っているわけではなくて、きっとお好み焼きソース風のソース、つーことなのだろう。広島風らしいけど、製造は群馬県の、聞いたことのない会社だった。近所の小型スーパーで発見。で、こういう、見たことがないのを見つけると、どうしても味見してみたくなるという悲しい性。(-ω-;)
驚いたのは、なんちゅってもその価格。なんと税込み105円、である。大盛りなのに、缶コーヒーより安い。150円もするペットボトルのお茶と合わせたら、本末転倒ちゅーか主客顛倒ちゅーか。いや、そんな話ではないか。(^^;
しかも、意外とつったらシツレーだけど、かなりイケる。ミョーにフルーティだったり、魚貝や肉のフレーバー系だったりという、最近のチャラチャラした焼そば連中に真っ向から対峙するかのごとく、ストレートに、どこまでもまっすぐに”焼そば”を追求したかのような、少しウスター寄りのシンプルなソース主体の味は、爽やかで好感さえ持てる。って、そこまで熱く語るほどのモンでもないんだけど。(^^;
かやくは、乾燥キャベツと天かす。さらに薬味として、七味唐辛子までついてるのだった。えっ、広島も天かす入れるんだっけ? それに天かす入れた上からお湯を入れるっちゅーことは、お湯を捨てるとき、貴重な天かす(笑)が流出してしまう危険があるんぢゃないか!?
大丈夫( ̄ー ̄)、わたしは遠い昔、カップ焼そば出始めの頃より、かやくをソバの下に敷いてからお湯をかけるという秘技(爆)を編み出し、実践している。この、かやく「麺隠れの術」によって、かやく流出の危険性を減らすとともに、貴重なかやくを上蓋にへばりつかせて無駄にすることもなくなり、また、上蓋に付いたかやくを箸でこそぎ落とす手間も不要なのである。ただ、この秘術を持ってしても、天かすのエキスが流れてしまうのは防ぎようがないなあ。(-ω-;)
余談だが(はじめっからなにもかも余談なんだけど)、遠い昔、いまはなき某二輪車雑誌編集部に在籍していた頃、この秘術を巡って同僚の編集部員Y田くんと激論を交わしたことがあった。乾燥キャベツを麺の上に載せてお湯をかけると、かやくがお湯に浮いてしまって空気に触れている側がお湯を吸収できず、戻りが中途半端になるのではないか、とか、いや、麺の下に敷くとかやくが完全に水没してしまうので、戻りすぎてふやけてしまい、かやくの風味が損なわれるのではないか、とか。
バカである。バカだけど、オートバイのような、もともと人の役にも立たないようなオモチャをああでもないこうでもないと微に入り細に入り突き回している男どもにピッタリの、話のネタだったのである。そして、そんな激論に鍛えられ続けて、Y田くんもいまや、某二輪誌編集長だもんな。他にもm&mの食べる順番とか、焼そばパンのかじり方とか、激論ネタは尽きることがなかった。(^^;;;