070416_01.jpg 070416_02.jpg
また牛丼かよ。いや、そうなんだけど、よく見るとこの牛丼、ちょっとふつーと違うでしょ。大盛りでも、まして特盛りでもないのに、肉がやたら多いでしょ。( ̄ー ̄)
これは遠い昔、某Nikon教の教祖様に教わった、ありがたい牛丼の喰い方なのである。ひとりではできない。ヨメやツレなどふたりいればできる。って、別に難しくもなんともない。ふたりで並ふたつと、同時に牛皿1枚注文し、その牛皿をふたりのどんぶりに分けて載せるだけである。先日の“ほぼ復活”で牛皿も復活したので、これができるようになったのだ。
並だと、ちょっと肉が少ないんだよなー。でも大盛りだとほとんどメシが多いだけだし、特盛りだと肉も多いけど、そもそもご飯の量は並でいいんだよなー。といったワガママな要求を満たす、究極の喰い方なのである。教祖様、ありがとうございます。(−人−)